簡単&おいしい!冷凍食品を活用したプラントベースなキャンプ飯に挑戦してみた!

自然を満喫するキャンプをきっかけに環境問題に関心を持ち、プラントベース食品を知ったという方はいらっしゃいますか?私は趣味のキャンプを通じて、プラントベース食品に興味を持った1人です。

キャンプ場で自然の恩恵にあずかるからこそ、環境に優しいプラントベースキャンプ飯を楽しみたい!けれど、手間がかかりそう、味はどうなのだろう?といった不安もあります。


最近は電子レンジや冷凍庫が完備されたキャンプ場や、ポータブル冷凍庫が登場し、キャンプ場での食事の選択の幅が広がっています。

そこで今回は、料理が苦手でタイパ重視の私が、BEYOND FREEのプラントベース冷凍食品を活用して、お手軽キャンプ飯に挑戦してみました。体験したからこそ分かるプラントベースキャンプ飯の魅力をご紹介していきます!


プラントベースなキャンプ飯とは?

プラントベースなキャンプ飯の魅力を語る前に、そもそもプラントベースって何?という方のために少しだけ解説させていただきます。


そもそもプラントベースとは?

プラントベースとは野菜・穀物・豆・果物などの植物由来の食品、または植物由来の食品を積極的に取り入れる考え方・食事のことを指します。


昨今、このようなプラントベースは地球環境に優しいと注目を集めています。なぜなら、プラントベース食品の原材料は畜産業による資源消費やCO2排出量が無く、土地の占有量も少なく済むため、環境保護につながっているからです。


肉や魚の消費を減らすことが地球に優しい生き方の1つとして、広く知られるようになってきました。


こちらの記事で詳しく解説されているので、よろしければチェックしてみてください。

プラントベースが注目されている理由|食生活への上手な取り入れ方とは – 食+(ショクタス)公式オンラインショップ (shoku-tasu.jp)


プラントベースキャンプ飯の魅力


プラントベース食品を使ったキャンプ飯の魅力は、何といっても環境面でのメリットです。前述した通りプラントベース食品は、地球環境に優しい食品とされています。


そのため自然の恩恵を受けるキャンプにおいて、地球に優しい食事を楽しめる点が、エシカルなキャンパーから注目されています。また、最近のプラントベース食品は種類も増えてきており、さまざまな料理を作れるところも魅力の1つかもしれません。


冷凍食品を使ったキャンプ飯が注目される理由


何かと便利な冷凍食品は、プラントベースなキャンプ飯でも大活躍。そこで、冷凍食品をキャンプでどのように活用できるのか紹介します。


時短できる

キャンプ飯で冷凍食品を活用する大きな理由の1つに「時短できる」という点があるでしょう。キャンプ場での調理はキッチンよりも手間がかかりがちです。


しかし、冷凍食品はあらかじめ調理されているため、調理時間を大幅に短縮できます。なぜなら冷凍食品を利用すれば火加減の調整だけで済み、下ごしらえなどの作業がいらないからです。


また、料理が苦手でもおいしい食事が食べられるというメリットも。食事もアクティビティも楽しみたい人におすすめです。


 自然解凍ができる商品の場合、火を使わなくても済む

自然解凍OKな冷凍食品をキャンプで活用すると、電子レンジや火を使わなくても食事が楽しめます。解凍に火を使う必要がなければ、火起こしや燃料の用意が省けます。


また、キャンプ場到着まで逆算して解凍しておくことで小腹が空いた時にも手軽に食べられます。レジャーやアウトドアに集中している時でも、急いで鍋をセットするという手間がありません。


ただし、全ての冷凍食品が自然解凍OKなわけではないのでご注意を!


BEYOND FREEでプラントベースなキャンプ飯に挑戦!

今回は、特定の食品や成分をカットしながらもおいしい食事が楽しめるフリー食を提供する、BEYOND FREEのプラントベース食品を使ってキャンプ飯に挑戦してみました。どんなものを作ったかと言うと……


おやつにぴったりくるみあんぱん


キャンプ場に到着し、火起こしする最中もお腹は空きますよね。そんな時でもパンにこしあんを挟むだけで手軽に食べられる、くるみあんぱんを作ってみました。優しい味わいの豆腐ブレッドは、こしあん×ジャムとの相性抜群でした。


材料

・ 豆腐ブレッド

・ こしあん

・ 季節のジャム

・ 豆乳

・ くるみ


手順

① こしあんに豆乳を加え、お好みの柔らかさにする

② 自然解凍した豆腐ブレッドに①をはさむ

③ 季節のジャムとくるみを添えたら完成!


このレシピに使われているBEYOND FREEのプラントベース冷凍食品

「豆腐ブレッド(2個入り)」の詳細はこちらから

豆腐ブレッド(2個入り) – 食+(ショクタス)公式オンラインショップ (shoku-tasu.jp)



チルド惣菜で作るきんぴらライスバーガー



チルド惣菜のきんぴらにひと手間加えて、電子レンジで解凍後にカリっと炭火で焼いて仕上げたライスバーガーバンズで挟むだけ!ライスバーガープレーンバンズは醤油味が付いているので、味付けしなくても美味しくいただけました。キャンプならではの炭火の風味がついてカリッとしたバンズが美味しかったです。


材料

・ ライスバーガー プレーンバンズ

・ きんぴら(チルド惣菜)

・ レタス

・ 海苔

・ 片栗粉


手順

① きんぴらに片栗粉をまぶしよく混ぜ、バンズサイズに成形する

② ①を直火式ホットサンドメーカーに挟んで焼く

③ レンジで解凍したライスバンズがカリっとするまで焼く

④ 焼きあがったきんぴらと、レタス、海苔をバンズで挟んだら完成!


このレシピに使われているBEYOND FREEのプラントベース冷凍食品

「ライスバーガー プレーンバンズ(4枚入り)」の詳細はこちらから

ライスバーガー プレーンバンズ(4枚入り) – 食+(ショクタス)公式オンラインショップ (shoku-tasu.jp)


焼くだけ簡単ベジタブルホットドッグ


プラントベースって味気ないのでは?と思いがちですが、そんなことはありません。動物性原材料不使用で販売されているソーセージや、野菜のうまみたっぷりなケチャップを使ったホットドッグは「あえて食べたい」美味しさでした。自然解凍OKなこっぺぱんに挟んで楽しみました。

※2024年2月現在、BEYOND FREE商品で動物性原材料不使用のソーセージのお取り扱いはございません。


材料

・ こっぺぱん

・ レタス

・ ピクルス(みじん切り)

・ 動物性原材料不使用ソーセージ

・ 野菜入りケチャップ

・ マスタード


手順

① 動物性原材料不使用ソーセージを焼きます

② 自然解凍したこっぺぱんを軽くあぶります

③ 材料をすべてこっぺぱんに挟んだら完成!


このレシピに使われているBEYOND FREEのプラントベース冷凍食品「こっぺぱん」の詳細はこちらから

こっぺぱん – 食+(ショクタス)公式オンラインショップ (shoku-tasu.jp)


コクがあってまろやか味噌クリームうどん

続いて、こってりしたスープのクリームうどん。こちらは、寒空のキャンプにもぴったりな味わいでした。豆乳スープを家から作って持っていけば、調味料がかさばらず楽ちんです。


材料(2人前)

・ 国産小麦 減塩だけどおいしいうどん 2玉

・ なす 1/2個

・ ほうれん草 1/2束

・ 豆乳(400ml)

・ 味噌(大さじ2)

・ 醤油(小さじ1)

・ 塩コショウ(少々)

・ サラダ油 適量

・ ラー油 適量

・ ごま 適量


手順

① 豆乳、味噌、醤油を混ぜて火にかけ、つゆを作る

② ①を塩コショウで味を調える

③ ②に冷凍うどんを凍ったまま入れ火にかける

④ うどんが温まる間、茄子とほうれん草をサラダ油で炒める

⑤ 器に盛り付け、お好みでごま、ラー油を垂らして完成!


このレシピに使われているBEYOND FREEのプラントベース冷凍食品「国産小麦 減塩だけどおいしいうどん」の詳細はこちらから

国産小麦 減塩だけどおいしいうどん(3食入り) – 食+(ショクタス)公式オンラインショップ (shoku-tasu.jp)

 

番外編:難しい調理をしなくてもおいしい!ライスバーガー 大豆ミート 焼肉味



食品を切ったり、調味料とあえたり、挟んだり……工程が多いと正直面倒!そんな人でも焼くだけでおいしいライスバーガーも紹介します。食感はまるでお肉の大豆ミートを挟んだライスバーガー。甘めの焼肉味が、食欲をそそります。


焚火を眺めながらぼんやりしている片手間で、おいしい食事が作れるのも冷凍食品の嬉しいところです。


食品

・ ライスバーガー 大豆ミート 焼肉味


手順

① ライスバーガーを直火式ホットサンドメーカーに挟み、軽く焼色をつけて完成!

※ホットサンドメーカーがない方は鉄板やフライパン等で両面焼きあげてください


このレシピに使われているBEYOND FREEのプラントベース冷凍食品「ライスバーガー 大豆ミート 焼肉味」の詳細はこちらから

ライスバーガー 大豆ミート 焼肉味 – 食+(ショクタス)公式オンラインショップ (shoku-tasu.jp)


まとめ

プラントベースのキャンプ飯と聞くと、手間がかかりそうなイメージを持たれる方も少なくないかもしれません。もちろん、時間をかけて調理を楽しむのはキャンプの醍醐味ですが、一方で、他のアクティビティを楽しみたい時もありますよね。

そのような時は、ポータブル冷凍庫や電子レンジ、冷凍食品のプラントベース食品を上手に活用すれば、簡単に美味しくプラントベースキャンプ飯を楽しめることがわかりました!

動物性の原材料を使用していなくても、とても満足感のあるキャンプ飯を作れたのは私にとって大きな発見です。


自然に優しいだけでなく、手間もかからず美味しいなら次回のキャンプでもプラントベース冷凍食品を積極的に取り入れてみたいですね。


BEYOND FREEではこのような手軽に美味しく食べられる、プラントベース食品を取り扱っています。特定の食品や成分をカットしながらもおいしい食事を楽しめるBEYOND FREEの商品を、ぜひ活用してみてください。


※冷凍食品の品質保持・食品衛生の観点から調理の直前まで冷凍保存していただくようお願いいたします。また、商品に記載の方法を守って解凍、調理いただくようお願いいたします。

 

 

佐藤日奈

2020年、愛犬とのアウトドアを楽しむためキャンプを始めたビギナー。
普段の生活から離れ自然の中でリフレッシュできるキャンプにはまり、様々なキャンプスタイルにチャレンジしている。
最近はキャンプを通じ「食から始まる環境配慮」への興味を持ったことから、ゆるベジタリアンなライフスタイルを模索。
実体験からゆるベジタリアン生活の難しさ、楽しさを発信する。